アフターサービス

ESGの取り組み

マキノは、工作機械を通してお客様の製造の多様な進化を具現化し、
持続可能な社会の実現に貢献しています。

軽量化によってエネルギー効率を改善した自動車や航空機、健康に寄与する医療機器、宇宙で活躍する人工衛星など、
お客様が生み出すさまざまな製品がより良い環境や社会の実現に役立っています。これらの製造には工作機械が使われています。
優れた工作機械とその運用から成る生産システムは、お使いいただくお客様における生産の効率化、
ひいてはより良い環境と社会への貢献をサポートするものです。

さまざまな製品にマキノの工作機械が
使われています。

自動車
自動車
航空機
航空機
医療機器
医療機器
人工衛星
人工衛星

環境

エネルギー消費の抑制は工作機械メーカーの重要課題
工作機械を製造する際や、納品した後にお客様がご使用される際には多くのエネルギーを消費します。
マキノは工作機械の拡販とともに増加するエネルギー消費を抑制することが環境に対する責務であると考えます。
省エネを実現する技術開発と自社製造における取り組み
マキノは、お客様により効率的に工作機械をお使いいただくことで省エネルギーにつながる加工技術の開発を行っています。
同時に、自社工場においてより少ないエネルギーで工作機械を製造できるよう、生産の改善を継続しています。

ガバナンス

マキノは、次のガバナンス基本方針のもと事業を行っています。
  1. 株主の権利及び平等性が確保されるよう、適切な対応を行うとともに、その権利行使が適切に行えるよう管理・監督環境の整備に努めます。
  2. 中長期的な企業価値の向上に貢献するさまざまなステークホルダーとの適切な協働に努めます。
  3. 利用者にとって正確でわかりやすい財務情報及び非財務情報が提供できるよう、適切な情報開示と透明性の確保に努めます。
  4. 中長期的な企業価値の向上に資するよう、取締役会の役割と責務を適切に果たすことに努めます。
  5. 中長期的な企業価値の向上に資するよう、株主との建設的な対話に努めます。

Environment(環境)について

マキノは、次の通り環境方針を定めています。

環境方針

製品を造る、また製品がお客様に使われるすべての過程で、常に環境への影響を配慮し、社会との信頼関係を築きます。

この環境方針に基づき、具体的に次の活動を行っています。

  1. 省エネルギー、省資源の推進
  2. 廃棄物削減の推進
  3. 環境負荷の小さい製品の提供
  4. 法規制、自主規制の遵守
  5. 環境汚染の予防
  6. 環境マネジメントシステムの継続的改善
  7. 環境保全意識の向上

活動事例のご紹介

〇ISO9001 / ISO14001の取得
環境マネジメントシステムISO14001および品質マネジメントシステムISO9001 厚木事業所、富士勝山事業所は、 環境マネジメントシステムISO14001および品質マネジメントシステムISO9001の認証取得工場です。
〇エネルギー消費量の効率化
消費エネルギー量の推移を明らかにし、生産額当たりのエネルギー消費の効率化に努めています。
厚木・富士勝山事業所の消費エネルギー

※消費エネルギー(電力・灯油・ガス)量を原油(L)に換算し、販売額で除した値です。

※原単位の定義: 原油換算消費量(L)÷生産量(百万円あたり)。

〇省エネ製品の開発
従来製品に比べ、より少ない消費電力での使用を可能とする製品を開発しています。
例えば、切削が困難なチタン材の加工において、これに特化した製品を開発したことによって、従来の当社製品に対し、大幅な切削効率の向上を実現しました。
単位切り屑除去量あたりの消費電力
5軸制御マシニングセンタ(T2)
5軸制御マシニングセンタ(T2)
主軸(T2)
主軸(T2)
切りくず(チタン)
切りくず(チタン)
〇ソーラーパネルの設置
高精度な工作機械の生産には、温度変化の無い環境が必要であり、多くのエネルギーを空調に利用しています。
これにかかるエネルギーを削減するため、工場や販売拠点にソーラーパネルを設置し、再生可能エネルギーの利用拡大に努めています。
今後新しく建設する施設には、すべてソーラーパネルを設置する予定です。
厚木事業所 第3工場(神奈川県)
厚木事業所 第3工場(神奈川県)
神戸テクニカルセンタ(兵庫県)
神戸テクニカルセンタ(兵庫県)
Makino Asia社(シンガポール)
Makino Asia社(シンガポール)
〇空調で消費する電力削減の取り組み
地中熱の利用
神戸テクニカルセンタの例
神戸テクニカルセンタでは、年間を通じて一定の温度を保つ地中熱を利用することにより、室内の温度の変動を抑制しています。
シンガポール工場においては、赤道に近く直射日光が強いという立地条件から、天井に冷却水を循環させることで、空調にかかるエネルギーを抑制しています。
また、工場の壁には断熱材を使用し、屋外の温度変化の影響を低減しています。

Governance(ガバナンス)について

マキノは、中長期的な企業価値の向上を目指して企業ガバナンスの強化・充実に努めています。

マキノは、コーポレート・ガバナンスを、企業理念や経営の基本方針に沿って、さまざまなステークホルダーに配慮しながら中長期的に企業価値を向上させるための施策の一つと考えています。工作機械産業は業績の変動が極めて大きいことを踏まえ、効果的かつ効率的なコーポレート・ガバナンスの構築を目指します。